2022.04.02 | 解説

トレーニング前に体を整える必要性と健康にこだわる意味

皆さんこんにちは。トータルケアラボの鳥飼です。

このブログでは、健康・美容・ダイエット・スポーツに役立つ情報を発信していきます。

過去の記事はこちらから見ることができます。

YouTubeもやっています。ぜひご覧ください。

□コンディショニングがなぜ必要なのか??

フィットネスブームにより

  • 見た目◎
  • 体△
  • 健康×

を目指す方が本当に増えています。

私はコンディションの評価という立場で言うなら

「綺麗だけど・・・」
「かっこいいだけど・・・」
「細い体だけど・・・」

という評価にならざる負えません。

それは栄養学がいかにフィットネスと健康管理で違うのかを、記事で説明したように体のケアやトレーニングにも異なる点が多くあります。

フィットネス文化を否定するつもりはありませんし、素晴らしいものです。

しかし、誤った行き過ぎた行為を行えば体は傷んでしまいます。

フィットネスの頂点にいる方々は、そのリスクを把握し計画を立てて行っていることを私は知っています。

そして、一般の方はパフォーマンスとして絞りを入れることに特化せずに、健康管理の視点から健康的に痩せていく事も是非選択肢に入れてほしいと思います。

フィットネスに特化したアプローチと、コンディションを意識した健康的なアプローチの違いが判らないのであれば、まずは過去の記事を見返して欲しいなと思います。

長くなるため、ここでは割愛させていただきます。

無理な制限、本人の歪みや動作、レベルを無視した負荷。

これは良い見た目は最短で作ることができても
健康寿命を短くしてしまいます。

  • 健康◎
  • 体◎
  • 見た目◎

で、いるためには、健康や体のことを整えながら見た目を作っていくしかありません。

しかし、これには専門的な知識と経験がなければ
見た目はいいけど、病気やけがのリスクが増える不健康な人になってしまいます。

トータルケアラボは、健康管理・体のコンディショニング分野の知識や経験が豊富です。
求めている目標にこだわりながらも、体や健康を一緒に改善していきましょう。

□コンディショニングを入れるとダイエット効果が上がる

コンディションが整った体は、体温を上げ、基礎代謝量を増やしてくれます。
体の負担も軽減されるため、行えるスポーツやトレーニングの量、質ともに増えます。
このことが、ダイエット効果やトレーニング効果を引き上げてくれます。
追い込んだとしても、定期的にメンテナンスをすることができるので慢性的なダメージは積もっていき事がありません。

□コンディショニングを行わないダイエットやトレーニング

健康を無視した制限食は内臓機能にダメージを与えます
長期間の実施により、

・がんの発病リスク
・不妊リスク
・精神緊張(自律神経以上)
・認知症リスク

などが高まるといわれています。

制限するのではなく、適正なバランス・量に心がけていくことで健康的にダイエット効果を得ることができます。

□自分の歪みや動作、レベルを無視したトレーニングを行うと

に陥りやすいです。

  • 見た目◎
  • トレーニング効果◎
  • 日常の軽快感×
  • スポーツパフォーマンス×
  • 体の機能性、改善×

まず、脳から適切な命令が送られないため正しい筋肉や動作が行えません。

全く同じフォームで教科書的に行っても、体は脳が制御しているためうまく効かせられないトレーニングになりやすいです。

そして慢性的なダメージが原因でけがをします。

トレーニングとは本来、筋肉をつけるだけではなく日常生活やスポーツパフォーマンスに役立たなければいけません。

筋肉を作ってダイエット効果を高めるだけでなく、日常動作やスポーツ動作を高めるためにトレーニングを行う必要があります